趣味は人生の活力剤です
  • 2017/05
  • 2017-06 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/07
実りの秋
2013年09月29日(日) 22:52
ということで、稲の刈り入れが済んだ新城市四谷にある千枚田まで行ってきました。
この時期の見所は「はざかけ」と呼ばれる昔ながらの稲の乾燥法にあります。
ご存知の方も多いと思いますが、近代農業は機械化が進み、稲の乾燥には乾燥機を使う
のが主流となりつつあり、このように柵に干すやり方は希少になってきているのです。

 
棚田とはいえ全体を見渡せる場所がないようなので、絵的には部分的な撮影になります。

 
はざかけを今でも行っているのは、機械の搬入が困難な棚田という立地条件だからかも。

 
 しかし、のどかな風景には癒されます。   刈り取り前のたわわに米が実る稲穂


           
帰路の上郷SAにて遅めの昼食には、自慢の黒カレーと三河ポークサラダのセットを(^^)
イカスミのルーだから黒いんですね。食後に何度口を拭っても黒いのが取れませんでしたw
でも、独特のコクが美味しかったです。



近年、日本の農業は高齢化以外にも厳しい環境にあるとメディアで報じられる
事も多くなりましたが、農業も大切な日本の文化・産業だと思います。
この棚田にしてもぜひ後世に残してもらいたいですね。

ハーレーのある風景
2013年08月22日(木) 21:14
今まで様々なバイクに乗ってきましたが、写真撮影の被写体としてハーレーダビッドソン・
エレクトラグライドほど絵になるオートバイはないと思います。
大自然や人工物の前で、そして風情ある和の文化の中においても、威風堂々とした存在感は
負ける事がなく、それでいて溶け込むようにその場の風景に馴染んでしまう。
今回は、そんなエレグラをメインとした作品を、再編集したものも含めてアップロードしてゆきたいと思います。


           
             湖畔の日暮れ(滋賀県・琵琶湖)


 
   卯建のある町(徳島県・脇町)     SLの国へ(静岡県・大井川鐵道)


 
   なまこ壁(滋賀県・彦根市)        同・モノクロバージョン


 
  ミルク畑にて(長野県・根羽村)    大正浪漫の宿(信州・別所温泉・花屋)


 
 清涼のひととき(福井県・龍双ヶ滝)    風は力の源(三重県・青山高原)


ラストの2枚は、ベタな記念写真風になってしまいましたが、そのへんはご愛嬌という
ことで( ̄▽ ̄*)ゞ
これからも、いろんな所へ行って良い作品を撮りたいと思うごまふなのです。


それではまた

旧・遊郭地帯を行く
2013年05月30日(木) 01:34
以前に紹介した中村遊郭の他にも、名古屋にはかつて八幡園と呼ばれた場所がありました。
八幡園は大正時代に花街として始まったようですが、第二次大戦の空襲でその殆どが全焼
してしまったそうです。今残っている物件も、戦後に遊郭や料亭、カフェーとして再建され
たものの昭和33年くらいまでが稼働期と、短命に終わったようです。これらの遊郭地帯も
赤線が全盛期の頃は、きっと現代の風俗店などとは違って華やいだ風情のある場所だった
に違いありません。

 
今も残る遊郭跡等の建物は、当時の経営者の末裔が居住する民家として受け継がれている
ことも多いです。なかなか良いコンディションを維持している物件がある反面、トタン張
りで修繕されたものもあるのが少し残念。しかし、この辺りの土地評価額は決して安くは
ないはず。代々維持して行くのも大変なことでしょう。


 

 

 
当時の面影が色濃く残る建物には独特の特徴があり、かつての繁栄を想うと、ある種の
哀愁を感じずにはいられません。


 
この「とこ元」は、この手の物件のマニアにはけっこう有名らしいです。
現在は廃屋となってるみたいですが、誰かが買い取るなどして残して欲しいものです。


 

 
これらは、かつてのカフェーかな。タイル張りやコンクリートなどで妙なクール感を
醸し出してます。カフェーが喫茶店じゃないのはお分かりですよね ( ̄ー ̄)ニヤリッ



近くには、昔ながらの大きな煙突が懐かしく思える銭湯があり今でも営業しいてます。
ここには昭和の名残りがいっぱいあるのです。


かつての遊郭やカフェーでは、娼妓や女給がどのような日常を送っていたのか興味は
尽きません。また、当時はどのような文化的背景があったのでしょう。そんな色街の
一部が今でも残っているのは貴重だとも思います。
こういった撮影は作品撮りというより、むしろ記録として撮っておきたいものです。

それではまた

咲いた、咲いた、赤・白・黄色〜♪
2013年04月16日(火) 23:15
のっけから脳天気な滑り出しとなりましたが、久しぶりに花の撮影をするために
「なばなの里」に出かけました。
この日は天候もよく、桜もチューリップも満開で実に気持ちの良い日となりました!

 

その他にも、レンギョウや花桃なども見頃で、まさに至れり尽くせりの状態に♪
 

赤系の色も様々で、品種改良によって生み出されたのかな?などと考えて撮ったり^^
 
 

このギザギザの花びらを見る度に、マリオに出てくるパックンフラワーを思い出して
しまうんですが・・(笑)
 

ともあれ、鮮やかな色の世界に入り込めば気分リフレッシュ間違いなしです!
 

若い頃は、植物には興味がなかったけど、年齢を重ねたことや写真を撮るようになった事で
植物に対する知識を身につけ、その素晴らしさも理解できるようになりました。
花は美しいものです。我が人生にも美しき華を!・・・ってね(^^)

ではまた
ご近所の紅葉
2012年12月06日(木) 19:15
これまでは紅葉というと名所などの遠隔地ばかりへ行ってましたが、
なかなかどうして、ご近所にもキレイな紅葉はあるものです。
これは新たな発見? いえいえ、「灯台もと暗し」ってやつですね(^^;



よく通る道沿いにあるモミジなんですが、いつもこんなキレイな色だったっけ?
今年だけ色づきが良いのかも。ちょっと得した気分になります。


これは「ハナノキ」
こちらも結構キレイな色になります。



ノラ猫も発見♪ ネコ好きなんで、いればやっぱり撮ってしまいます。
でも、怪訝な顔つきで睨まれましたが(笑)

いつもは見過ごしがちな身近にある場所にも四季の移り変わりを楽しめる場所ってあるものですね。
なんか少し勉強させてもらった感じがします。


Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog