趣味は人生の活力剤です
  • 2017/07
  • 2017-08 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/09
イギリスで見かけた車たち
2009年06月30日(火) 23:04
今回の更新は写真の編集に手間取ってるので、過去に撮ったものをアップロードして繋ぎたいと思います(汗
写真は、2006年9月に単身イギリスへ撮影旅行に行った時に撮ったものですが、当ブログでは未掲載の写真ばかりを集めました。ではご覧ください。

ロンドンの名物と言えばコレ!
ご存じダブルデッカーです。この時点でかなり台数の減った旧型を見つけては撮ってました。
驚くことなかれ、このバス、深夜0時を過ぎても営業運行してるんですよ!




こんな2連結のバスも走ってました


もうひとつの名物、ロンドンタクシー
こちらも旧型は減りつつありました。一番下は現行モデルのキャブです。






変な観光バスも走ってますw
まるでボートのようなバス。水陸両用車なんでしょうか?
こんなのがロンドンの街中を走ってるんですよ(笑) ありえねぇ〜!


こちらもマジ凄いです!チョップド・ルーフな観光バス。


さすがにお国柄だけあってアストンマーティンはたくさんいました


モーリス・マイナー。素晴らしいコンディションでした!


年季の入ったランド・ローバーは、同じく、年季の入ってそうな御婦人が運転してました。


ウィンザーを走る観光馬車。この風景に似合いすぎ!


日本では売ってないセアト(スペイン)の車もけっこういました


ユニオンジャックのタンクがカッコイイ!トライアンフ・ボンネビル


これは白バイなの? モトグッツィ(伊)なんですけど?
(後で、いぬのきもちさんからの情報でホンダ製のバイクだということがわかりました)


子供しか乗れないような小さくて可愛い装甲車が展示してありました。


郊外には古い郵便車両も展示してありました。可愛いデザインですね!


こちらは、人生に別れを告げるときに乗る(乗せられる)車。
古い教会内にありましたが現役車両なんでしょうか(^^;


ごまふがイギリス滞在中の一週間使用したレンタカー(フォード・フォーカス、英)



かつては、世界文化の最先端であり、新しい情報の発信地でもあった英国。
そして、自動車産業においも栄華を誇っていましたが、現代ではイギリス国内でも英国車を
見ることは稀となってしまいました。
今や、英国の自動車会社は倒産したり、社名は残っていても、実は海外資本のメーカーに
なっていたり。
最近では、ジャガーやランドローバーをタタ・モーター(インド)が買収したニュースも記憶に
新しいですね。
しかし、イギリスは伝統と文化を守りながら、他では見事に経済復興を遂げています。
自分が目の当たりにしたイギリスは、本当の豊かさに溢れ素晴らしい国でした!
ブランド物やグルメにしか興味のない日本人観光客には人気のないイギリスですが、
歴史と文化を肌で感じることができるこの国はお勧め出来る旅行地ですよ(^^)

ウィンザーにいた猫
2007年08月27日(月) 23:28
別に日本にいる猫と変わりませんが、背景の雰囲気が良くお気に入りの1枚。



06年秋 撮影旅行 英国 ウィンザー
2007年08月24日(金) 20:42
いよいよイギリス旅行のラストはウィンザーです。
特に、今旅行中では一番の天気に恵まれました!
しかし、こんな青空を日本では久しく目にしてないように思います。

写真1、2、3 ご存知ウィンザー城です。コッツウォルズと打って変わって、こちらは実にクールな造りです。
写真4 ウィンザー城内にあるセント・ショージズ礼拝堂
写真5 セント・ジョージズ礼拝堂の館内。もちろん館内は撮影禁止です。(おぃおぃ^^;)
写真6 イギリスへ来たならやはり衛兵を撮り忘れてはなりませぬw
写真7 ウィンザー城下を流れるテムズ川にて。















今現在でもイギリスの光景や空気の匂いを思い出しますが、エコノミーで10数時間耐えながら行った甲斐は十分にあり本当に良かったと思います。
06年秋 撮影旅行 英国 コッツウォルズ
2007年08月23日(木) 20:56
この旅行のメインと考えていたのがこのコッツウォルズです。
コッツウォルズはロンドンから車で2時間ほどの所にある地方で、日本人旅行者には馴染みの無い?観光地ですが、イギリス人にとっては心の故郷みたいな場所なんだそうです。実際、この地方を巡ってみると広陵とした田園風景や牧草地帯がどこまでも続き、レンガ造りの古い家や教会などがまるでメルヘンのように点在してるんです♪ いや、マジ癒されます!

写真1 日本とはまるで違う田園風景が広がります。中央の白い点々はヒツジです(^^)
写真2 チッピング・カムデンにある茅葺き屋根の家。茅葺き屋根自体珍しいそうです。
写真3、4 同じくチッピング・カムデンにて。インストラクター同行で馬に乗り観光。なんて優雅なんでしょう(^^♪
写真5 いたるところに古い教会があったりします。
写真6 ボートン・オン・ザ・ウォーターにあるみやげ物店。他にも、店舗に限らず民家でも花を綺麗に飾ってあるところが多く印象的でした。
写真7、8 バイブリーにある集落。なんと!十四世紀に建てられたそうですが今でも人が住んでいます( ̄□ ̄;)
写真9 カッスル・クームの古い家並み。実は、けっこう交通量がある通りなんですが、車のいない一瞬をついての撮影です。
写真10 ヘイルズにある十三世紀頃の教会の遺跡。























06年秋 撮影する目的で行った英国の旅
2007年08月21日(火) 21:42
撮影する被写体は限定しないごまふですが、特に建造物は好きな被写体のひとつです。とりわけ、ヨーロッパの美しい建物は漠然ながらも撮影したいと以前から思っていました。しかし、じっくり撮影しながらの旅行となるとツアーを利用するわけにも行かず、結局、一人旅をすることに・・・
そうなると、英語圏内で治安的にも安心できるイギリスが最も良い選択となりました。
ちなみに、ごまふはイギリスの土地勘もなく、語学力も無いに等しいヤツなんですが(汗)
だけど、そんなヤツがレンタカーを借りて約1週間の間、ロンドン(2泊)⇒コッツウォルズ(3泊)⇒ウィンザー(1泊)と、たったひとりで撮影旅行をしてまいりました。まぁ、持ち前の無鉄砲な性格が幸い?したのでしょうw

このイギリス関係の特集は数回に分けてお伝えしたいと思います。
まずはロンドン周辺の画から。

写真1、2 有名な建物じゃなくても気に入った建造物は撮りました。
写真3 ウエストミンスター宮殿
写真4 ビッグ・ベン
写真5 ロンドン橋(この夜景を撮るためにデカい三脚も日本から持参しましたw)











Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog