趣味は人生の活力剤です
プライベート・ポートレート
2008年04月29日(火) 22:42
この度、ゆきりさんにモデルを引き受けてもらえる事になり、久々のポートレート撮影
に出かけました。ところが、ごまふが選んだ見事なお花畑で有名な某所では凄い人出
でとても撮影どころではなく大失敗^^;
それからは、車で場所を数箇所に渡り移動しながらの撮影でしたが、結果としては
意外な場所での撮影となり大変良かったと思います♪

鋼管の廃材置場
実は、この場所はゆきりさんから提案された意外な場所でした!
彼女はカメラマンとしてのセンスも兼ね備えているようです。
笑顔が可愛いゆきりさんですが、ここはあえてシリアスな表情をお願いしました。








場所を替えて都市公園へ
ここでは、いつもの可愛いゆきりさんを撮影。
少女っぽさが残る彼女の姿が印象的です。








ラストは工業地帯での撮影
ここも意外な場所ですが、人がいない休日のため静かで良かったです。





今回は、行き当たりばったりの撮影場所探しになり時間もかなりかかりましたが、
お互いに集中力が最後まで持続して時間も苦にならなかったように思います。
また、ゆきりさんにはモデルとしての熱意が感じられ撮影者としても大変良かったです。
機会があればまた撮影させてくださいね!

*ここにUPした画像はゆきりさん本人の承諾を得たものを掲載しています。
ワィンディングロードを楽しむツーリング
2008年04月28日(月) 09:59
今回は、エレグラに替えて初めてのワィンディングに趣きを置いたツーリング。
奥三河方面から長野までソロで走ってきました。

奥三河地方の道は何処もタイトコーナーが多いせいか休日でも交通量は少なめです。
だから、自分のペースで走れるので好きな場所のひとつなのです。
また、緑豊かな谷間を走る道が多く癒し効果もいっぱいです!(^^)!
しかし、ハーレーに乗ってコーナーの多い道を好む変人はごまふだけかもしれませんが(笑)

まずは、猿投グリーンロードで足助に向かいます。
天候に恵まれ実質のGWのスタート日だったせいか、ツーリングをするグループを沢山見かけました。


R420には、まったりとした風景も(^^)
新緑がきれいでした。


R473にある杉木立のトンネル。夏は涼しそうです。


途中、みどり湖の標識に釣られて行ってみたけど、見事にハメられました^^;
延々と小狭い道を走らされて、トイレ以外に何もないじゃん!(怒)


みどり湖で見つけた唯一印象的だったもの。(ヤマブキ)
花の色はやっぱり山吹色ですw


ハメられついでのもう一件。
手打ち蕎麦を期待して入ったのに、「もう終了しました」と、つれない一言。
えぇ〜っ?!まだ4時半なのに!
観光客が多いシーズンだというのに営業努力が足りないです。(怒)


今ツーリングのルート
猿投グリーンロードで足助→R153→R420で田峰→R257で設楽町大田口
→R473で東栄町→R151で飯田山本→中央道で名古屋へ


今ツーリングで初めてエレグラでコーナーを攻めてみましたが、コーナリング中の安定性は
さすがに高いです。しかし、以前のダイナのような素早い切り替えしはやはり無理ですね^^;
どのみち、慣れてないのでまだ限界が把握できていないし、ぼちぼち行きますかw
と言うか、それ以前に、ハーレーはコーナーを攻める類のバイクじゃないんですけどね(^^ゞ
庭の花-2
2008年04月19日(土) 22:53
早いもので母が亡くなり四十九日を迎えました。
実家の庭も新たに花が咲く種類があり、「ちゃんと年間を通して楽しめるようにしてあったんだな」などと、今更ながら気が付きました。
そんな風に在りし日の母に思いを馳せながら、記録をするように写真を撮るごまふなのでした。

数日前から開花しだしたツツジ




ハナミズキも見頃のようです




シンプルで可愛らしい花のナニワイバラ
原種に近いバラのようです




家庭菜園も好きだった母が生前植えていたネギとタマネギ
収穫して食べれる日が待ち遠しいです



ハーレー・ディーラー・ツーリング
2008年04月14日(月) 22:25
先日、半年ぶりにごまふが購入したディーラーのツーリングに参加してきました。
ツーリングのコースは、美濃にある「寺尾ヶ原千本桜」を見た後、近くにある鴨肉のバーベキューの店で食事をして板取に向かい温泉に入る予定でしたが、夕方から天候が崩れる予報が出ていたため温泉だけは中止となりました。

出発前、ディーラー前で記念撮影。
この写真はディーラの社長がごまふのカメラで撮影したんですが、ちゃっかり店の看板も
フレームに入ってました(爆)
まぁ、今回は撮影の意図を反映してトリミングをせずに掲載しときますね(笑)
(画像の方は、参加者の皆さんに配慮して特殊加工を施しました)


寺尾ヶ原千本桜は結構桜の花が残っていて、人出もかなり多かったです。
ご覧のように、路肩は駐車する車でいっぱいです。


偶然にもエレグラばかりが並んで駐車。丁度良く桜を背景に撮影できました。


いよいよ待ちに待った鴨を食べる至福のときがやってきました♪
正直、ごまふはこれを最大の楽しみにしていたくらいです。
まずは串とロースとタタキが揃います。


串を焼き終えると、今度はレバーや野菜も焼いていきます。


腹を満たした後は、冷凍された鴨肉を土産に買いみんなで帰路に向かいます。
途中に寄った道の駅で事実上の解散ですが、皆さんマナー良く列を組んで走ります。


今度は前に回り撮影。ごまふだけがせわしなく動き回ります(^^ゞ


この写真をラストに、ごまふは単独で失礼させてもらいました。



毎回思うのですが、ディーラーツーリングに参加される方々の運転マナー
の良さには感心させられます。ちなみに、今回の参加者は約35台でした。
店のスタッフの方々、そして、参加者の皆さんお疲れ様でした!
ひとり、うだつの町並をゆく
2008年04月10日(木) 21:31
今回の淡路・鳴門ツーリングは他の仲間が午後には帰ることになっていたので、
その後に行く所を事前に決めていた。それがこの脇町にある「うだつの町並」である。
脇町のうだつの町並は1988年に、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、
江戸時代の名残りを今なお色濃く残した町並であり、今回ぜひとも撮影したかった場所だ。

「うだつ」のほかに、二階が「虫籠窓」になっており、防火に備えた特徴を持つ。






脇町のうだつは美濃のうだつの形とは違い、明らかに装飾品の趣が強い。
話によると、脇町のうだつは中国建築の流れを組んでいるらしい。


中には、昭和の名残りを感じさせる物件もあり、思わず顔がほころんでしまう。




うだつとは無関係だが、こんな家屋も目を引いた。
一階が洋館風であるが、色使いが何とも言い難い^^;


夕方5時を過ぎると人出もまばらとなってきた。
この和菓子の店で家族への土産を買うことにした。




人通りが少なくなったのを確認して愛車を乗り入れる。
どうしても愛車も一緒に撮影したかったのだ(^^ゞ








近くにある劇場跡にも寄ってみた。
この「オデオン座」は昭和9年の建築で、なかなかモダンな造りである。


もうひとつ近くに変わった形の橋があり撮っておいた。
後で調べたら、映画のワンシーンにも撮影された橋らしい。



今回撮影したうだつの町並は徳島県にあり、普段は撮影だけの為に来ることは
ままならないほど遠い場所であるが、仲間とツーリングしたことで撮影も出来
たのはラッキーであったと思う。

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog