趣味は人生の活力剤です
  • 2008/07
  • 2008-08 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2008/09
久々に嫁を乗せてプチツーリング
2008年08月25日(月) 21:01
家内とタンデムするなんて、もう20年ぶりです(笑)
どういう風の吹きまわしか「バイクに乗せて欲しい」と言い出したのでプチツーに出かけました。
この日は、晴天ではなかったものの、風も涼やかで心地よいツーリング日和となりました。

せと赤津PAで記念撮影
思えば、ここ以外での記念撮影はしなかったです(^^;


平谷にある道の駅で一休み
ここではまだヒマワリが咲いていました


冶部坂峠にある変わったトンネル
まるでスペース・トンネルといった感じで、宇宙に続いているかのようです。



今回は、思いのほか写真が少ないですね(^^ゞ
カミさんは久々に乗るせいか、大人しい運転にも係わらずビビりまくりでした(笑)
次にタンデムするなら「やっぱ若い女の子の方がいいな」などと思う不純なごまふなのでした(汗)
カメラ片手に陶器の企業から陶器の町へ
2008年08月17日(日) 01:35
朝夕は多少涼しくなりましたが、それでも日中はまだまだ酷暑が続いてますね(^^;
それはまさに、ツーリングにも、撮影にも、出かけるには気合いが必要なくらいです(笑)
と言う訳でもないんですが、今回はお手軽な近場にプチ気合いを入れて撮影に出かけました。

ノリタケの森
高級食器などで有名な企業ですが、ごまふは初めて施設内に入りました。
レンガ造りの建物は明治時代に建造された工場だそうで、時代の重みと風格を感じさせます。
ここでは、今後ポートレートも撮ってみたいと思いロケハンも兼ねました。


中庭もゆったりとした優雅な雰囲気で造られています。


ここではコーヒーでも飲めるのかな?
人は写ってませんが、この暑さのなか意外と来場者が多くて少し驚きました。


替わって、瀬戸物で有名な瀬戸市にある「窯垣の小径」にも行きました。
ここは、瀬戸市の中心部から外れた少し分り難い場所にあります。
そんなときはこのお寺を目印に行けば分かりやすいかもしれませんね。
それにしても、なまこ壁の門構えのお寺って珍しいような気がします。


商品にする瀬戸物をそのまま流用してしまった感じが楽しい民家


古民家を資料館にしての再利用は、昭和以前の懐かしい風情があります。


こちらも瀬戸物を利用して造られた民家の壁ですが、
個性的で美しい模様になっています。





毎日忙しいのと暑さでバテ気味なこともあり更新が遅れてます(^^;
皆さんも出かけるときは暑さ対策に気を付けてくださいね!
あてもないドライブで偶然の被写体に出会う午後
2008年08月06日(水) 23:38
8月の第一週の休日は、午前中は所用があった為に午後から車で行動開始です。
この日は、長島のジェットコースターの夜景を撮ろうと思っていた以外には特に目的地もなく、
「とりあえず御在所あたりまで行ってみるか」と、適当に走りました(^^ゞ
通常、こんな風に目的もなく出かけたりすれば、あまり写欲をそそるような被写体には出会わないものですが、この日ばかりは幸運にもそうではなかったようです♪

最初に出会ったのが四日市の田舎道にあった風情のあるこの家屋です。
こういった土塀は昔よく見かけたものですが、今では珍しくも懐かしい感じがします。




土塀の家のすぐそばの田んぼで見つけたハグロトンボ(カワトンボかも)
ハグロトンボも数が減り、最近見かけることもあまりないように感じます。


そして、本日のサプライズ!
野生のサルの群れに遭遇、撮影できたことです。


しかし、こちらの気配を察知するとすぐに逃げてしまうのでなかなか近寄れません(^^;
今は200mmまでのレンズしか持ってないからトリミングしてもこの辺が限界です。
(こういう被写体を狙うと500mmとか欲しくなりますねぇ^^;)






そして、夜には予定していた長島に到着。
ジェットコースターの施設が、まるで巨大なオブジェのように闇夜に浮かびあがります。
かなり長大なコースになっていて見応えがありますが、カメラでは収め切ることが出来
ずに残念orz







それにしても、深夜まで激しく暑かったです。
首に巻いたタオルで汗を拭うんですが、絞れば水が滴り落ちるほど(^^;
エアコンを効かせた車だったから良かったものの、バイクで行っていたら
かなり大変だったかもしれません。
Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog