趣味は人生の活力剤です
  • 2008/08
  • 2008-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2008/10
ハーレーで魚釣り。って似合わねぇ・・(^^;
2008年09月29日(月) 20:38
今回は、通いなれた愛知県奥三河方面へ。
奥三河地方には数々の渓流が流れ、「久々に釣りでも」とかねてから思ってたんですよね。
そんな訳で、今回は釣ーリングのレポートであります。

フィールドへ着けば
前日までの雨の影響で流れは速く濁っています。




ツアーバッグに余裕で収納できるコンパクトなタックル
シマノの袋ですがダイワのリールですw(ロッドはシマノですが)


1匹だけでしたがカワムツをゲット!この後はアタリはあるものの乗りません。
小さなミノープラグですが、それでもオーバーサイズなのが原因かも。


とりあえず釣れたしぃ♪
道の駅で気分よく一服して帰ったのでありました。




エレグラにしてからはツアーバッグに一眼レフ、及びタックルやルアー類を常備して走っています。バイクでありながら、このようにたくさん趣味の道具が積載出来ると楽しみも倍増です!
この秋はテントやシュラフも積み込んで、久々にバイクでキャンプにも行きたいと思うごまふなのでした。

風情の宿とワインディングロードで旅する2泊3日(後編)
2008年09月25日(木) 21:39
さて、後編は鬼押しハイウェイ、万座ハイウェイを経由して草津温泉に宿泊し、最後の3日目は猿が温泉に浸かることで有名な地獄谷温泉に立ち寄り家路に向かうというルートです。

まずは「花屋」の前で出がけの記念撮影♪


去年も記念撮影をした鬼押し出しにて1枚


道中にある軽井沢プリンスランド
ヨーロッパ風のオシャレな外観がステキです!


万座ハイウェイを走ります。ここは連続するコーナーを楽しめますが、
美しい風景を見ながらのんびり流す方が絶対に良いです!






いよいよ草津温泉に到着!
この湯畑は草津温泉のランドマーク的な場所です。




草津での宿泊は、この「山本館」です。山本館も大正時代に建造された
渋い建物が魅力の宿です。


夕食も豪華な品々が・・!
1名での宿泊でしたが、食事用にも個室を用意して頂いたおかげで
落ち着いて食事ができました♪


浴室も古びた感じに風情を感じます。
平日で空いていた為、一人でのんびり入浴して写真も撮りました。


明けて翌朝の道中にある国道最高度地点にて
霧が濃くて何が何だかさっぱり判りませんが・・(^^;


最終日、最後の目的地である地獄谷温泉にて
野生の猿ですが、人にはよく慣れていてすぐそばで撮影ができます。
しかし、絶対に触らないようにとの注意書きもあり、触るのは断念しましたw





今回は遅めの夏期休暇を利用しての旅でしたが、間もなく本格的な紅葉の
シーズンを迎える信州方面には、また出かけたいと思っています。
願いが叶いますように!
風情の宿とワインディングロードで旅する2泊3日(前編)
2008年09月18日(木) 23:46
台風の接近が危ぶまれるなか、とりあえず3日間は雨の降る心配がなさそうなのでソロツーリングに出かけました。3日間の延べ走行距離は930キロで、晴天に恵まれたのは3日目だけでしたが、雨にたたられなかったのは幸いでした。
ルートは、中央道・伊那ICで降り高遠経由で杖突街道で茅野へ、それから大門街道で白樺湖・ビーナスラインを経て1泊目の目的地である別所温泉へ向かいます。

高遠近くで懐かしいボンネット・トラック(廃車)を発見!
クモの巣は張っていますが、ちゃんと原形を留めているのは立派です。


なぜ高遠に寄ったのか?
それは、この馬刺しの丼(桜花丼)が食べたかったからなんです。
ちょっと甘みがあってあっさりした味わいの馬刺しはサイコーですね!


食後に走り出して間もなく、なまこ壁の年代物そうな商店を見つけるとすかさず撮影モード
に変わります。


白樺湖に到着
一応、押さえに撮っておきましたw


一面ススキに覆われる車山高原
ニッコウキスゲで有名な車山ですが、ススキで覆われるシーズンもなかなか良いものです。
反対車線の綺麗な草花にも目が止まり思わずスナップ(^^)




残念ながらビーナスラインは曇天と所々霧に覆われ景色は楽しめませんでしたorz




いよいよ別所温泉まであと僅か
印象的な光景を見つければその度にバイクを止めて撮影して行きます。




お百姓さんが稲藁を干す作業をしていたので撮らせて頂きました。
昨今は農作業も近代化され、こうした藁干しを見かけること自体も少なくなりつつあるようで
少し残念ですね。


さすが信州には蕎麦畑が珍しくないくらいに点在しています。


本日の宿泊先「花屋」に到着
大正時代に建てられた旅館だそうですが、この見事な日本建築に魅了されて予約を入れて
おいた宿です。


旅館の脇には、まるでお城のような立派な蔵も備わっています。


玄関内から見た蔵。これ見よがしにごまふのバイクも写っていますw


ロビーはレトロな洋風仕たてのハイカラな造りです。


中庭には三本の渡り廊下があり、そこを通って各館へ行くようになっています。


松茸に霜降り信州牛、そして薬用人参の天ぷらなど夕食も至れり尽くせり!
その美味しさに思わず食べ過ぎてしまいますが、メタボにご用心(^^;



以上、前編はここまでですが、後編では2日目から3日目を掲載の予定です。
その後編の2泊目では天下の名湯、草津温泉に宿泊します。お楽しみに!
父の撮影のために連れて行った妻籠
2008年09月11日(木) 19:37
前回に引き続き今回も父に撮影をしてもらうべく妻籠に連れて行きました。
しかし、今回も現地に着いてすぐに父は座り込んで休憩タイム(^^;
おまけに、途中で凄い落雷と豪雨に見舞われ、互いに離ればなれになり食事も別々にとるありさまでしたw
名古屋にいるときには結構歩いて出かけられるのに、遠隔地に出かけるとすぐに「疲れた」といって座り込んでしまう困った父です。
原因は、遠くに来た事で不安になってしまうのかもしれませんが、甘いことばかりを言ってては逆に良くないので「何をすぐに休んでんだ!もっと歩けよっ!」と厳しく言い放ちます。でも、言うこと聞きませんけどね(苦笑)
でも、年寄りは体を休めてばかりいると本当に動けなくなっていきますから、気力をもって動かないとダメなんですよね。頑張れ、オヤジ!

まず最初は、父から「撮りたい」とリクエストのあった桃介橋に寄ります。
(例によって掲載する写真はすべてごまふの撮影したものです)


いよいよ妻籠到着。このときはまだ雨が降る気配もありません。




いきなりの豪雨と凄まじい落雷に見舞われ近くの売店に避難します。
この写真は少し雨脚が弱くなってから撮りました。
この時点ですでに父とは離ればなれになってます。(携帯で雨宿りしてるのを聞いていたので安心ですが)


殆ど小雨の状態になったので、再びごまふだけは撮り歩き始めます。
(父は「すぐにご飯を食べたい」と食堂へ入ってしまったようです^^;)




途中、店の軒先に可愛い猫の置物が♪


近寄ったら、本物の猫じゃん!w


ここでごまふも昼食です。
あらかじめ調べておいたこの店で美味しい十割蕎麦を頂きました。



父は昔から自己中でわがままなんですが、それは人の世話になっている現在でもまったく
お構いなしで昔と変わりません(^^;
ただ、説教をしてやると理解するようになったのは進歩かもしれません。
そんなときは我が親ながら可愛く思えます。(昔から子供のような人でしたから)
しかし、こんな事は他の人には理解できない場面かもしれませんね。

和と洋の寺院を巡る一日
2008年09月04日(木) 23:12
実は、この日は父の一眼レフ・デビューでもあります。
父は、老いて趣味もなく毎日ダラダラとした生活を送っていたので、老化防止の為にも何かを
やらせようとずっと写真撮影を勧めており、やっと重い腰をあげてカメラを手に入れたのです。
そんな訳で、今回は父の要望もあり虎渓山へ撮影に出かけました。
(掲載の写真は全てごまふの撮影によるものです)

まずは洋風の寺院から
結構大きな建物で、外観も内部も美しいです。






続いて和式の寺院へ移動します
この辺りはお寺が何軒もあり、そのどれもが素晴らしい造形美です。








こちらは、国宝になっている永保寺の観音堂です



父は最近病気で寝込んでいたので足腰がすっかり弱ってしまい、途中で何回も休みながらの
撮影となりました。しかし、そんなことではいけませんので、これからはリハビリも兼ねての撮影にどんどん連れて行ってやろうと思います。

PS:実は、最近ごまふも病院でガンの疑いが持たれ、自分の生命の危機を初めて意識しました。
幸い、その後の検査で何ともないことが判明してホッとしましたが、一時は自分が死ぬこと
も想定して、その後の生計などを家族に手ほどきしたりもして大変気が重かったです。
そんな事もあり、みんなが健康で暮らせる重要性をあらためて実感しました。
(もし入院したら、「ごまふねこの闘病的生活」にタイトルを変えなきゃなぁ。ってジョークにもならない事も考えてましたw)

しかし、今回はなんともなかったですが、問題の部分にはシコリがあり、
それがいつガンに変化するとも限らないので安心は出来ないんですよね(^^;

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog