趣味は人生の活力剤です
  • 2008/09
  • 2008-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2008/11
鈴鹿バルーンフェスティバル2008
2008年10月18日(土) 20:19
昨年に熱気球による大会がある事を知り、一度は撮影をしてみたいと思い、この鈴鹿での大会を楽しみにしていました。
そんな訳で、早起きが苦手なごまふですが早朝5時に起床し車を走らせて行ってまいりました。

午前6時20分にオフィシャルのバルーンが空を舞い大会スタート。
朝日の逆光を受けてごまふの撮影もスタートを切ります。


続いて競技者のバルーンも遠くの山から飛んできます。
まるで地球侵略にやってきたUFO群みたい、と言ったら悪い表現でしょうかw


沢山の気球が、いよいよ会場上空に到達。
これからポイントに向けてマーカーを落とすのですが、風向きが悪く会場から
反れてしまう気球が続出します。


そんな中で、この寿の気球が見事なテクニックでコース復帰を果たします。
(投下されたマーカーが写真でも確認出来ると思います)
そして、今大会の優勝こそ、このチーム寿です。おめでとうございました!


こちらは観客席。この他にも土手側は沢山の観客でいっぱいです。


この写真は午後の部(15時スタート)です。
午前とは打って変わって曇天で、まるで夕方のような空模様となってしまいました。


そして、夜には楽しみにしていたナイトイリュージョンが開催されます。
それは、まるで大きなイルミネーションのようで迫力があります。


まさに本日のフィナーレを飾るに相応しい華やかな演出。
しかし、全機同時点灯のタイミングを撮影するのは思いのほか苦戦しましたがw



気球の大会とは、もっとまったりしたものだと思っていたごまふですが、
風を掴む為に急降下をしたり、地面スレスレで障害物を跨いで飛行したり、
実際に見ると凄くスリリングな試合展開なので少々驚きました。
今回撮影した写真には作品と呼べるようなものは無いかもしれませんが、
本当に良いものを見せてもらえたという意義は大いにありました。
ありがとう!
猫喫茶に行ってみる
2008年10月13日(月) 17:55
かねてから猫喫茶に行ってみたいと思ってましたが、実は、名古屋にも2軒あったのです!
そうと知ったからには行ってみないと気が治まりません(笑)早速行ってまいりました。
行ったのは「なーごなーご」という店で、普通の民家を改築したアットホームな店造りです。
店内は喫茶室とプレイルームがあり、撮影は自由ですがフラッシュ発光は禁止されてます。

所用を済ませた後なので、なーごなーごに着いのは夜になってしまいました。
それでも満員なのでウェイティングルームで待つ破目に(^^;


喫茶室はかなり暗いのでコンデジなどでは撮り辛いかもしれません。






本棚の隙間で寝ている猫
ううっ!可愛い、タマラン♪


プレイルームの方は明るさも十分で、まるで猫好きな人の家に遊びに来ているかのようです。
あぐらをかいて猫じゃらしであそんだり、写メしたりしてくつろぎながら楽しめます。








本日お気に入りの1枚
出来れば眼にキャッチライトを入れたいところですが(笑)



このような店があるのは、猫を飼いたくても現在は家庭の事情で飼えないごまふにとっては
大変有難い事です。「将来は部屋に猫をはべらせて暮らしたい」というのが昔からの夢なのです。
また、可愛い猫達にふれあいたくなったら行きたいと思う場所なのでした。
黄昏ゆくハイウェイにて
2008年10月10日(金) 00:21
ツーリング帰りの途中、美しい夕焼け空だったのでPAに入って撮った1枚。
でも、家まではまだまだ時間がかかるので、あまりのんびりもしてられないんですよね(^^;



本日は、これ1枚のみで失礼するでございます(^^ゞ
福井⇔岐阜間、もうひとつの酷道を走る(R417)
2008年10月03日(金) 21:29
以前にレポートしたR157と並行したように走る酷道、それがR417です。
今回は福井県側から岐阜県側に走り抜けるルートで、R417の途中区間にある冠山林道が
まさにメインの酷道といえるでしょう。
その冠山の標高は約1,250m、山深い場所を駆け上がって行く醍醐味がある道です。

東海北陸道・白鳥ICで降り、油坂峠を越えるループ橋で九頭竜方面へ向かいます。


九頭竜を抜けて、何だか変な道に迷いこみましたよ?
ダートだけど、ま、いいか(苦笑)


予定通り県道34号線(福井県)に入ります。
杉木立の中を走り抜けるのは何故か好きなごまふなのであります。


一つ目の目的地である「龍双ヶ滝」に到着。
思っていたよりずっと美しい滝で、ちょっと感動です!


さて、いよいよR417に入り冠山を目指します。
くねくねとした細い道はしだいに高度を上げて行きますが、
ここってマジで国道?といった雰囲気ですw


今まで来た道を振り返って見渡せば、絶景かな〜!


霞がかった山々を見下ろす所までやって来ました。
この山の深さには思わず神聖さを感じてしまいます。


冠山峠の頂きに到着。
先程までの神聖さはいずこへ?といった趣がなんとも・・(^^;


峠を越えると岐阜県側に入ります。
ススキの穂に冠山が秋の到来を告げているかのようです。


徳山湖に着く頃にはすでに夕方になっていました。
それにしても何という悲惨な橋だ!(^^;


徳山湖底には数年前までは徳山村という村が存在した人造湖です。
ここで辺りはすでに暗くなってきたために撮影を終了しました。




今回は少し距離を甘く間違えて、昼近くに家を出たため帰宅時間は深夜になってしまいました。
この日の走行距離は630Kmだったからそんなに近くじゃないんですよね(^^;
今度行く時はちゃんと早起きしなくっちゃ(汗)
Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog