趣味は人生の活力剤です
道を愉しむ
2010年09月24日(金) 10:38
辺りに観光地がある訳でもなく、グルメスポットがある訳でもない。また、有名な道でもない。
殆ど交通量のない寂れた道。そんな道を巡ってマイペースで走るツーリングも愉しいものです。
今回は、そんな道をつなぎ合わせたツーリングを計画して行ってまいりました。

ルートは岐阜県の郡上、板取方面を巡るコース
マップ上の番号順に走っていきます。

?区間の集合写真
小さな村落が点在し、道路脇には絶えずせせらぎが流れる。
古い公民館の建物があったり長閑な感じがする道です。
この道を走り過ぎたところで予定通り、道の駅で昼食タイム

?の区間を走り始めてしばらくすると、廃墟となったホテルがあります。
地図上には記載されているが、今は存在しない?土京温泉とはここなのか。

最近やたらと多い「クマ出没注意」の立て札
山野の開発が進んだ煽りを受け、野生動物が低地まで降りてくるようになったんだとか。
これも環境破壊の影響ってやつですね。

徐々に標高も上がり、秋らしい風景が目に入ってきます。

道は山の中へ入って行きます。
写真右側は熊笹に覆われた杉木立

?の区間は中盤くらいから簡易舗装→ダートへとかわります。
山中にある森林の様相を呈す。この辺りで日本鹿数頭の群れを見かけました。
ダートは砂利道で、タイヤがグリップしないので慎重に走らせます。

少し飛んで?区間・・・ が、また通行止めかいっ!(弩)
とりあえず行けるとこまで行ってみることに・・

標高を上げながら進めば、再度、秋らしい展望とススキに覆われた則面が。


内ケ谷トンネルを抜ければ、山中の展望が広がります。


川霧が発生。そんなに気温が低い訳でもないのに、ひょっとして温泉が流れ込んでる?
不思議に思うも、降りる場所がなく確かめられませんでした。

いよいよ完全に通行止め
施錠された鎖が行く手を阻みます。

道中は整備がされてない険道状態だとか・・(^^;

とりあえず、反対側の通行止め地点からも撮っておきました。
意味不明な写真ですが・・(汗

ラストは、すでに営業終了していた板取川温泉にて。
ここで日没となります。

帰路の東海北陸道では、凄まじい豪雨と落雷に祟られました。
大粒の雨は、レインウェアの上からあたっても痛いんですよね。
それよりも、雷に打たれないかが心配ではあったんですが・・

ちょっとマニアックな険道をつないで走るツーリングでしたが、
人っ気がなく閑散とした道中は、野生動物とも遭遇する「発見の場所」でもあります。
冒険心をそそるようなツーリングが好きなごまふには、まさに堪えられない魅力があるのです。

それではまた
約30年の歳月
2010年09月21日(火) 10:12
かつてヤマ(東山)で知り合い、数年間走りを共にした仲間たちと再開する運びとなりました。
会場は、第2のホームコースともいえる、某ダム湖周回コース。
遠くは鳥取から駆けつけてくれた人もいて、バーべQを食べながら談笑したり一緒に走ったり
して、あっという間に時間の過ぎた楽しい1日となりました。

モーターホームにテントとテーブルセットの設営
まるでパドック裏の風景みたいです。


本格的に炭火で焼く肉や魚介類♪
屋外で皆と楽しく談話しながら食べる食事は最高です!

でも、話などに夢中で写真あまり撮ってませんでした(^^;

当時は学生だったコたちも、今では年季の入ったオジサンばっかw
しかし、仲間で会えば、まるで昔にタイムスリップしたかのような感覚が戻ります。
この日は懐かしくも楽しい1日でした。皆さんお疲れ様!
今度はツーリングも一緒にしたいですね。
弟と行くワィンディングツーリング
2010年09月20日(月) 06:18
納車日翌日、久々に弟とツーリングに出かけました。
コースは、愛知県の奥三河、長野県と岐阜県の一部を股にかける、タイトなワィンディング
ばかりを走るルートです。ちなみに、このルートは弟が学生時代から走り込んで熟知している
彼のお気に入りのコース群で、ごまふが後追いする形で進行して行きます。

東栄町にて
弟のバイクは、アプリリアRS125(ドカ1098からの代替でセカンドバイク)
革ツナギのいでたちでヤル気満々の本気モードです!w

茶臼山高原
清々しく涼やかな空気で最高のコンディションでした。



昼食はここで桜肉の丼と馬刺しを頂きます。


弟と走るとタイヤの端っこまで結構使わされます。
慣らし運転中なんですが・・(^^;

ラストの1枚は、どんぐりの里・いなぶにて
ツーリングのベストシーズンだけあって、さすがにバイクも多いです。


アプリリアRS125速いです!
彼のペースにつられて同じスピードでタイトコーナーに進入すると、
クリッピングでアクセル開けられなかったり、次のコーナーへの
ラインどりが出来なかったりと、運動性能がウリのハイパーモタード
でも大きさと重さを感じてしまいます。
しかし、さすが1100ccの余裕!慣らし中のため5,000rpm以下に抑え
ながらも立ちあがり加速でピッタリ後ろにつけることが出来ます。
でも、ふたりとも病気だよなぁ・・(苦笑
ハイパーモタード本日納車
2010年09月19日(日) 00:09
本日ハイパーモタードの納車となりました。
ディーラーを後にした時間がすでに午後4時くらいだったので、あまり距離を走ることは
出来なかったけど、慣らし運転がてらに近場の足助まで行って来ました。

納車風景
今回もマイカーとのツーショットで記念撮影


足助にて
もう夕方に近い時間になりました。



ショートインプレッション
まだ慣らしなので全然エンジン回してないけど、それでも十分以上に速いです。
トルクは下の方から力強く、ノンスナッチは50km/hと、この手のエンジンでは低速
でもよく粘る方ではないでしょうか。
ドカだけにドカドカと加速する感じw(オヤジギャグ失礼)
コーナリング性能は良いですが何処が限界か掴みづらい。
というか、まだまだ限界の遥か手前だったりして(笑
ただ、感じとしてはフルバンク中のギャップでは巧くいなすのが難しいような挙動を
見せたのが気になります。
まあ、インプレするにはまだ時期尚早なんですけどwとりあえず書いてみました。

ではまた(^^)


ハーレー・ディラーツーリングに飛び入り参加
2010年09月15日(水) 19:32
かつては、ごまふも購入したことがあるハーレーディーラー「カワセモータース」のツーリング
に参加させてもらいました。今回の参加台数は37台と、いつもの倍くらいで凄い台数でした。
いつもなら数台、他社のバイクも参加してくるんですが、今回はごまふ1名のみで、
ちょっと浮いたかな?w
行先は、野麦峠・経由・開田高原、と、涼しさに期待が膨らみます。
また、開田高原からは、ごまふ単独でツーリング続行。他の皆さんは帰路へ向かいます。

中央道を走行中の一行に走りながら合流します。
最後尾から先頭車両が辛うじて見える場所で撮影

このSAエリアで今日初めて皆さんと言葉を交わします。

伊那ICから権兵衛トンネル経由で野麦峠を目指します

野麦峠の休憩ポイントにて

みんなで開田高原の蕎麦屋と名物アイスクリームショップで昼食とデザートです♪
ここで皆さんとはお別れして、ごまふ独りでさらに山中を走るのです。


県道463の白樺林

チャオ御岳スノーリゾートにて

道は県道441に替わり、見晴らしの良い尾根伝いのルートになります。


大平展望台と、その眺め。
やっぱり、クマさんが出るようですw



ラストは飛騨小坂にある道の駅・はなももにて
あと少しでR41との合流地点です。


みんなで楽しく走って食事して、その後は独りで山中のワィンディングロードを楽しむ。
まさに、一粒で二度おいしいようなツーリングを堪能してきました(^^)
今はお客ではないごまふを受け入れてくれたカワセモータースの皆さん有難うございました!
また、参加者の皆さんお疲れ様でした!






Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog