趣味は人生の活力剤です
  • 2010/12
  • 2011-01 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2011/02
富士裾野林道ツーリングの思い出
2011年01月23日(日) 23:50
先日、長いあいだ行方不明になってた写真がやっと出て来ました。
それが、これらの写真なんです。もう22年も前の写真ですが、この写真を見ればまるで
こないだの事のように思い出します。でも、やっぱり「若かったよなぁ」と懐かしむ気持ち
もあります(笑)また、このときは家内が妊娠中で、ごまふひとりで出かけて行ったことも
思い出しました。

トレーラーにオフロードバイクを積んで、いざ富士へ!
車はパジェロ、バイクはXLR250と、オフロードに浸っていた頃でした。

1日目はバイクで林道アタック
登山道にもトライしたけど、さすがに途中でリタイアしましたw

テントで野宿
すごく寒くて殆ど睡眠できなかった記憶が・・

2日目はパジェロで林道アタック
深い雪道にズッポリはまり込み、ウィンチを使って脱出したのも良い思い出に。
結果的には、このツーリングは、バイクも、4WDも、そしてキャンプでも失敗し
て、今となってはリベンジもままならないんですが、良い経験をしたと思います。

おまけ
同じ頃の家内の写真です。
ちなみに、今では見る影もありません(苦笑)

ではまた


今日の曲
Sweet freedom - Uriah Heep

ちょっとマイナーですが、高校生のとき少しのあいだ聴いてたグループです。
野良猫のいる公園
2011年01月10日(月) 01:40
ここは、私が写真撮影をするようになってから、猫を撮るために訪れるようになった公園である。
何年も経つと以前の写真からは、いる猫も顔ぶれが殆ど替わってきていることに気付く。
猫の寿命は最高で20年くらいだから、途中で病死してしまったか、誰かに引き取られたのかは
定かではない。しかし、飼い猫に比べ厳しい環境の中で生きて抜いていかなくてはならない宿命
にあるのは間違いないだろう。
幸い、ここは餌やりに来る人がいるのがせめてもの救いか。だが、それを見越して猫を捨てに
来る輩がいることは情けない限りである。

餌をもらえるおかげか、毛並みの良い猫は多い。

ここまで丸々と太っているのは珍しい。捨てられたばかりなのか?

しかし、どの猫にも生き生きとした表情は見られない。
まるで、生きる希望をなくした人間のように・・・

ただただ、訪れる毎日を送る。
猫だって楽しみは欲しいだろう。



近年は、人に危害を加える危険性もあるワニガメが捨てられていたりして、社会的な問題に
なっている。また、危険性のないペットについても捨てる行為が社会問題として取り上げられる
ことは多くなった。
特に、行動を拘束できない猫については、飼う以上は必ず避妊手術を受けるのが前提であろう。
もし、手術の費用も捻出できないなら、ハナっから飼う資格なんてないのだ。
ただ「可愛いから」という安易な気持ちだけで飼うのは無責任だろう。

私は、また猫を飼いたいとは思っているが、金銭的な問題はないにせよ、絶えず愛情をかけて面倒
を見れることは不可能だと考えるので我慢している。
鳥の大群を見せに家族を連れて
2011年01月03日(月) 13:02
話は昨年の年末
以前、弟と蒲郡に来て発見した集団越冬をする鴨を見せに家族を連れて行きました。
家内も鳥や動物を見るのが好きなので喜んでくれるとは思いましたが、思った通り♪

蒲郡に着いて、まずは腹ごしらえ。
地元では珍しく?来店客いっぱいのイタリアンレストランを見つけて入ります。

メニューはパスタかピザかを選び、ドリンク、パン、サラダなどをバイキング形式で選ぶ
システム。これで1人1300円はかなりお値打ち! 味も良かったです♪

食後は、本日のメインイベント。
います、います、鴨の大群が。まるで、「どうだ!」と言わんばかりに群れてます。

しかし、半端じゃないね、この数は。いったい何羽いるんだろう?

群れの殆どは、この「ホシハジロ」が占めます。(上が♂、下が♀)

「キンクロハジロ」(左が♂、右が♀)も少数ですが混ざって一緒にいます。
これは「ユリカモメ」。人懐っこい小型のカモメです。

漁港ではトビの大群を発見!
どうやら、漁師が撒く魚のあらに寄ってきているようです。もはや餌付け状態になってる?

魚のあらにヒントを得て、えびせんの撒き餌で誘き寄せシャッターチャンスを狙います。
さすが!滑空しながらも見事に小さなえびせんを捕って行きます。

「えびせん作戦」は大成功!
しかし、素早くて撮りづらいし、あっという間に2袋たいらげるしw

まるで獲物に襲いかかるような一瞬
トビが誇り高き猛禽一族であることを証明するようなカットになりました。

でも、トビって可愛い眼をして、鳴き声とともに意外と愛嬌のある鳥です。



鳥の撮影をする度に思うこと
ゴーヨン、ロクヨン、と呼ばれるレンズが欲しくなる。
しかし、1本が100万以上する高価格(^^;
やはり、鳥屋と言われる本格的な鳥専門のフォトグラファーでもない
ごまふにとっては踏ん切りのつかない欲しい商品のひとつなのです。


今日の曲
Fairy Tales - The Crusaders

クルセダーズはごまふが大学生の頃よく聴いてました。
フュージョンでは一番好きなグループでした。

2011年・元旦
2011年01月01日(土) 13:40
本年もよろしくお願い申し上げます。



昨年は、08年の母に続き父が他界し、何かと気忙しかった前半。
後半は腰の具合は全快まではいかないものの回復傾向となり、
重い機材を担いでの長時間撮影は無理ですが、写真撮影もでき、
バイクのツーリングにも出かけられるようになりました。

今年は更に回復させて全快を目指したいものです。
そして、写真撮影にもっと力を入れたいと思います。
また、撮影スタイルは従来からの写実的な撮りかたに加え、
意図した作画とドラマティックな作品撮りもして行きたいです。


今年もみんなが健康でいられますように。



Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog